疾病別の障害年金申請

  • 統合失調症による障害年金受給について

    統合失調症は、ドーパミンなどの脳の神経伝達物質の活動異常が深くかかわっているといわれています。神経のバランスがくずれ、精神面に障害があらわれる結果、日常生活を送ることが困難になり、「生きづらさ」を感じる疾病です。そういっ …

     本文はこちら
  • 脳性麻痺による障害年金受給について

    脳性麻痺は、子どもがお母さんのおなかにいるときから生後4週頃までに、何らかの原因で脳が損傷を受けると、その後、体や手足が自由に動かせなくなる症状で、脳障害の後遺症といえます。 これらの疾患に対して、障害年金を申請する際の …

     本文はこちら
  • 網膜色素変性症による障害年金受給について

      今回は眼の疾患である網膜色素変性症で障害年金を受給するケースを取り上げます。 この疾患は視野が狭くなったり、視力が落ちる、夜盲といって暗くなると急に見えなくなるなどの症状があり、進行すると外出や通常の生活を …

     本文はこちら
  • 人工透析治療を受けておられる方の障害年金申請

    実は、疾患による休職者で一番多いのは、糖尿病を患っておられる方です。 厚生労働省の調査では、腎臓疾患や糖尿病の患者数は全国で現在300万人を超えていると言われています。 その中で人工透析をされている方は、全国で30万人を …

     本文はこちら
  • 大動脈疾患による障害年金受給について

    大動脈疾患といいますと、代表的なものは大動脈瘤や大動脈解離があげられます。血液を体の至る所へ送る大動脈の中で、胸部や腹部のどこでこれらの疾患が起こるかはわかりません。   ただし、これらの大動脈疾患は他の疾患と …

     本文はこちら
  • がんの障害年金申請

    がんによる障害年金受給について

    様々な疾病で申請できる障害年金ですが、がんの症状でも障害年金を申請をできるという事を知らない方は少なくありません。 がんと障害という概念がつながりにくいからかもしれませんが、今回はがんによる休職や退職をする方々の状況や、 …

     本文はこちら
  • アスペルガー症候群

    発達障害による障害年金受給について

    発達障害(自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他の障害)の方々も障害年金を申請できます。 ですが、これらの疾患特有の申請の難しさ、注意点がありますので、参考にして頂ければと思 …

     本文はこちら